パオ・フィガロ販売

パオ

日産 パオ

日産 パオ

PRICE : 65万円
ROOF : ノーマルルーフ
COLOR : オリーブグレー(グリーン)
MISSION :AT
渋いオリーブ。整備も目立たない「渋い部分」にまで手を入れます。
目に見える部分も大事ですが、見えない部分にどれだけ力を注ぐか、それこそが
安心につながる大事な要素と言えます。お問い合わせフォームはこちら

 

日産 パオ

日産 パオPRICE : 65万円
ROOF : ノーマルルーフ
COLOR : アイボリー(ベージュ)
MISSION :AT
ボディカラーがアイボリーのパオは、シートなど内装をどんな色にしても違和感なくまとまります。
当店オリジナルシートで奇抜なカラーリングをたくらんでいる方などには特におススメです!
お問い合わせフォームはこちら

日産 パオ

日産 パオPRICE : 68万円
ROOF : キャンバストップ
COLOR : アイボリー(ベージュ)
MISSION :AT
このパオは一旦キャンバストップを張り替えた形跡もあり、大事に使われていたことがうかがわれる一台。
しかしながら、そのキャンバストップの質は…。
耐久性の高い当店生地にて再度新品張替を実施します。お問い合わせフォームはこちら

日産 パオ

日産 パオPRICE : 68万円
ROOF : キャンバストップ
COLOR : アイボリー(ベージュ)
MISSION :AT
内装の内張りはリペイント等によるセミレストア。キャンバストップも新品張替予定でカラーも選択可能。
ハッピードライブでは今や定番と言っても良いこの仕上げ内容も、一般的には、技術的・価格的にも
まだまだ真似は出来ないようです。(某日産ディーラー営業マン談)。お問い合わせフォームはこちら

日産 パオ

日産 パオPRICE : 68万円
ROOF : キャンバストップ
COLOR : アクアグレー(ブルー)
MISSION :AT
キャンバストップ新品張替(お好みのカラーでOK)に加え、当店オリジナルのシート張替までもが標準の一台です!
世界に一台のあなただけのシートに座って、街を駆け抜けて下さい!!
お問い合わせフォームはこちら

日産 パオ

日産 パオPRICE : 68万円
ROOF : キャンバストップ
COLOR : テラコッタ(オレンジ)
MISSION :AT
言うまでもなく、超々稀少なテラコッタです。キャンバストップは新品に張替えます。(カラー選択可能)
全ショックアブソーバー新品交換をはじめ、細部にまで手を入れる一台です。
お問い合わせフォームはこちら

日産 パオ

日産 パオPRICE : 68万円
ROOF : キャンバストップ
COLOR : オリーブグレー(グリーン)
MISSION :AT
キャンバストップは新品張替が標準。お好みのカラーをお選び頂けます。
これをベースにシート張替やリモコンドアロック、マフラーその他のオプションを組むのもおススメです!
お問い合わせフォームはこちら

日産 パオ

日産 パオPRICE : 65万円
ROOF : ノーマルルーフ
COLOR : アクアグレー(ブルー)
MISSION :AT
ハッピードライブオリジナルのレザーシート無料施工付き。TYPE1からTYPE5までのラインアップよりお好みのパターンをお選びください。
もちろんカラーはホームページ記載の約100色より自由に組み合わせ可能。
ノーマルシート(分解丸洗い施工済み)をご希望の方は50000円オフです!お問い合わせフォームはこちら

日産 パオ

日産 パオPRICE : 68万円
ROOF : キャンバストップ
COLOR : アクアグレー(ブルー)
MISSION :AT
ハッピードライブオリジナルTYPE5のレザーシートで張り替えました(もちろん新品)。
同じく新品に張り替えるキャンバストップはお好みのカラーをお選び下さい。
お問い合わせフォームはこちら

日産 パオ

日産 パオPRICE : 65万円
ROOF : ノーマルルーフ
COLOR : アイボリー(ベージュ)
MISSION :AT
「貴重」と言えるほどのボディコンディションを保った一台が入庫しました。
しかも非常に貴重な「純正アルミ」を装着!もちろん、100項目を超える整備内容にて各部のチェックや
部品交換を実施、ショックも新品に交換済み。まずは一度ご覧ください。お問い合わせフォームはこちら

日産 パオ

日産 パオPRICE : 65万円
ROOF : ノーマルルーフ
COLOR : オリーブグレー(グリーン)
MISSION : AT
渋いオリーブも程度の良い車両は最近少なくなって来ました。当店の店長も乗っているオリーブは、店長曰く「通好みの色だと思う」
とのこと。その根拠は良く分かりませんが(笑)、間違いなく「渋い」オリーブからは、乗り手のセンスが伺える気がするのも事実です。
お問い合わせフォームはこちら